ホワイトニング

歯のホワイトニングとは?

gpfPhoto120110414125327.jpg

ホワイトニングとは、変色した歯面を白く綺麗にするものであり、院内で行なうオフィスホワイトニングと家で行なうホームホワイトニングに分けられます。 

オフィスホワイトニングは歯の表面に薬を塗りレーザーを照射し短時間で歯を白くします。原則的に院内でのみ行ないます。 
ホームホワイトニングは歯科医院でトレー(歯全体をカバーする装置)を作ってもらい、それを家に持ち帰り、毎日就寝前にトレーに薬を浸し口腔内に装着して治療するものです。ホームホワイトニングの場合、期間は3~4週間かかります。

また、米山歯科医院では、ポリリンホワイトニングという新しいホワイトニングをはじめました。
ポリリンホワイトニングは、歯みがき剤の美白有効成分※1として知られている「最適化ポリリン酸」を歯科医院でのホワイトニング用に新たに配合したもので、【歯を傷めない】【しみにくい】さらに、【施術後の白さをキープできる】ことが特徴の、全く新しいホワイトニング法です。

※1美白効果とは・・・「歯を白くする」「タバコのやに除去」「歯石の沈着を防ぐ」効果・効能を指します。


ポリリンホワイトニング

ポリリンホワイトニングの特徴

◆特徴1:外側からホワイトニング◆
最適化ポリリン酸の包み込み効果(キレート効果)により、歯の表面を傷つけることなく汚れを落とします。
(最適化ポリリン酸は歯の表面を傷つけるのではなく、汚れを「浮かせて」落とします。)

◆特徴2:内側からホワイトニング◆
過酸化水素の活発な素早い反応(ラジカル反応)により、歯の内部にまで入り込んだ着色物質を分解(漂白)します。
またこのとき、最適化ポリリン酸が漂白効果をアップさせ、従来のホワイトニング剤を用いたときよりも3倍白くすることが期待できます。
この方法で歯の中にある色素を分解し、明るさを上げていくのですが、有力な漂白剤を使って、
色の付いた洗濯物を漂白するようなイメージです。

◆特徴3:歯の外側、内側の両方からホワイトニング治療が可能◆
上記特徴1・2で説明したとおり、ポリリンホワイトニングは外側からと内側からの治療の両方が一度にできる、唯一のホワイトニング治療です。

◆特徴4:しみにくい、痛くなりにくい◆
過酸化水素を使ったホワイトニングでは、施術中にしみたり、ホワイトニング後最大で24時間痛みが出ることがありますが、ポリリンホワイトでは最適化ポリリン酸が施術中やその後も歯の表面をコーティングしているため、しみにくい、痛みが出にくいのが特徴です。
またコーティングにより、ツヤツヤで汚れのつきにくい歯を保てます。

◆特徴5:ホワイトニング法で初の15分1回施術◆
従来のホワイトニング治療では10~15分×3回など、施術時間が長いためお客様の負担が大きかったのですが、ポリリンホワイトは特徴1~4の仕組みにより施術時間が格段に短くなっています。
ただし、初めての方や前回ホワイトニングをされてから時間が経っている方は効果が高まるよう15分×2回の施術をおすすめいたします。


ホームホワイトニング

gpfPhoto320110414121247.jpg歯科医師の指導を受けながら、自分で自宅で行っていただく方法です。
ひとりひとり、自分の歯型にあったトレー(薄く、柔らかいマウスピース)を歯科医師に作ってもらいます。
そのトレーの中に、薬剤(ホワイトニングジェル)を注入し、それに歯に装着し、寝ている間、薬剤を作用させ、歯を白くします。
通常、3~4週間ほど毎日実行します。効果につきましては、個人差があります。
抗生物質の副作用など先天的で内因性の変色に対しては、大きな効果を期待できないかもしれません。
しかし、大多数の症例において効果は確かめられています。医師の指導のもとで、自宅で行ってもらうお手軽な歯の漂白です。
歯の着色の要因や、もともとの歯の色の個人差等により、効果が異なる場合があります。
また、漂白効果は徐々に色が後戻りする場合もありますので医師の相談のもと、定期的なホワイトニングを行うことが望まれます。
当医院でマウストレーを作成してホワイトニングジェル(漂白剤)で1~2週間漂白します。


【歯のホームホワイトニングの方法】
1.まずは歯を磨いてください。 

2.マウスピースのホワイトニングジェルを入れる部分がぬれていたら、ティッシュでふき取ります。 

3.ホワイトニングジェルをシリンジから、歯一本につき、2~3目盛りまでお入れください。 

4.マウスピースを歯にはめます。 

5.朝起きたらマウスピースをはずし、歯についているホワイトニングジェルは歯ブラシできれいにして下さい。また、マウスピースについているホワイトニングジェルは、水で流してきれいにして下さい。
(熱湯は変形の原因になりますので使用しないで下さい)

6.マウスピースはケースに保管して下さい。

 

ホワイトコート

ホワイトコートは歯を削ることなく天然歯や変色歯のみならず、
差し歯や金属等の補綴物も白い歯に改善できます。


 1.歯を削ったり、薬で沁みる心配はありません。 
 2.希望通りの色調は選べます。         
 3.1回の処置で完了します。           



◆◇◆ ホワイトコートて何?◆◇◆

Q.ホワイトコートってなんですか?
A.歯の表面に光で固まる白いプラスチック材を薄くコートすることで、
歯の色を隠しながら6色の中から選択した白さで仕上げることができます。

Q.どのように行いますか?
A.歯に専用の接着剤(プライマー)を塗布し、白色樹脂(ベースコート)を塗布して固めます。
最後に透明で光沢のある樹脂(トップコート)を塗って光で固めて完了です。

Q.歯や歯茎に悪くはないのですか?
A.ホワイトコートは虫歯の詰め物に使われている材料と同じ材質を用いてます。

Q.変色の強い歯や補綴物(被せ物、差し歯)も白くなりますか?
A.白くなります。変色や金属の色を隠すオペークを下地材として塗ります。